都心の真ん中にある築80年以上の歴史のある建物の2室をオフィスとして改修するプロジェクト。

クライアントはこの場所を実験的な場所として捉えている。
クライアントの仕事柄、モノを考え生み出す空間とは?
打ち合わせを何回も繰り返し、今回は「何も無い空間」という回答に至った。
白くハコだけがそこにあるように家具は透明に。

その白い空間は自在に変化し思考を刺激する

銀座のオフィス