繁華街に近いマンションの一室をアトリエ兼住居にする改修である。

テーマは「ホワイト」。とは一言で言っても、とても難しい。
例えば、白色に統一された空間はとても無機質で静かに感じる、しかし白色の選択と関係によっては、時間や置く家具によって様々に変化する。
現場に入ってからも、それぞれの要素の白色をどう考えるか施主と一緒に考え決めていく作業はとても興味深かった。
もう一つは可変性。アトリエ兼住居だけでなく様々な用途に応じた空間に変化させる為の可動ガラス扉は、その位置、隙間の量によって空間に緩急をつけて様々に変化する。
 
この空間は時の経過と共に、まだまだ変化し続けるであろう。

横浜岡野の家

  • 神奈川県横浜市/改修
  • 2014年4月竣工
  • photo by michiho
  • 敷地面積:76.29 ㎡