地方都市にある比較的小さな敷地に建つ都市型住宅である。

地方ならばよくある事だが車は一人一台必要で、敷地が小さい場合は1階部分のほとんどが駐車スペースにとられてしまう。
なので2階を生活の基盤とした3階建てを選択した。
また、この敷地は施工会社が条件付きであった為、ある程度建物の仕様について制限があり、その中で何ができるかを幾つもスタディをして検討した。
階段室は光を各階に運び、家族が集まる2階リビングには天井の高い庭(バルコニー)をL字に配置したことで、視線の抜ける開放的な空間となった。


様々な仕掛けにより広がりを感じるその家は住み手の心も開放する

岡崎の家

  • 愛知県岡崎市/新築
  • 2015年6月竣工
  • photo by shigeharu yamashita
  • 敷地面積:135.00 ㎡
  • 建築面積:80.74 ㎡
  • 延床面積:148.98 ㎡